FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

オールスターカップ!

2012/09/24(Mon) 23:23
ふつうの。

スカーフWキュレムのふぶきは強い。
しおんかつみ(パクリ乙)

どうもお久しぶりです。しおんかつみです。実に1年半ぶりのブログ更新となります。
Twitterがあまりにも便利すぎて・・・
日記的なものは全てそっちでつぶやいてましたからねぇ;

でも今回は、Twitterでつぶやくには少々不向きかと思いまして、
久々にブログを更新させていただいた所存でございます。
というわけで、オールスターカップ2012、参加しました。
そのレポート・・・というか、軽く感想というかを、書かさせて頂きます。
毎度の如く笑えるほどの長文ですが、お付き合いくださると光栄です。


ではまず、今回のパーティをば。

ホワイトキュレム@こだわりスカーフ おくびょう
ふぶき/りゅうせいぐん/クロスフレイム/だいちのちから
個体値:25-20-31-22-27-31 努力値:44-0-6-208-0-252
実数値:203-121-111-212-118-161
素早さぶっぱ・ダブル補正ふぶきでHP188特防20振りサザンドラを確1・残り耐久

今回のパーティのエース。
イッシュ伝説ありの大会ということで、
イッシュ伝説の中で注目していた彼を採用しました。

言うまでもなく火力は他の追随を許さない高火力。
しかし素早さが微妙で、最メジャーのサザンドラに抜かれてしまうのは痛い痛い・・・;
というわけで、素早さを補うため、スカーフを持たせました。

スカーフを持たせるので素早さ調整も考えましたが、ミラーを考えて最速のままで。
・・・まぁ、そんな運ゲーになったら運の悪い自分が負けるのが関の山ですが、
万全を期して最速で。

使った感想としては、スカーフを持たせて大正解でした。
ふぶきが強いのなんのって・・・スカーフWキュレムのふぶきは強い。(((

やはり特攻170。相性が多少悪くても、
ふぶき連発のゴリ押しだけで大抵の敵は沈んでくれましたbb
やはり強い。強すぎる。

そのおかげで、彼はこの大会中、9割はふぶきを撃ってました。
他の技はそれぞれ1回つかったくらいでしたねぇ。

そして何故か、敵がバンバン凍ってくれる凍ってくれる。
『こおりばっかり引いてサーセンwww』と思ってしまうほど凍ってくれましたよw
やはり伝説だし、少々敵が凍りやすく設定されてたりするんかなぁ?

でもその反動か、大会後半は敵が凍ることも少なくなる・・・どころか、
外れることが多かったですね。
2連続で敵2体ともに外し、きあいだまで返り討ちにされたり、
ばつぐんの敵に当たらず、いまひとつの敵には当たるという・・・ことが結構ありました;

こおりタイプですし、弱点がメジャーで結構ばつぐんをもらうことも多かったですが、
元々HPは125と高い上、妙に防御Vだったんで、
不一致なら弱点でも1撃は耐えてくれましたね。

総評としては、やはり禁止伝説だけあって、超優秀でした。
これが伝説の力か・・・・!!

ちなみにニックネームはまだつけてません。
つけてもいいんだけど、設定上1個体しか存在しない伝説のポケモンは、
そのまま個体名のままでもいいとも思うんだよな。


ケルディオ(かくごのすがた)@いのちのたま おくびょう
ハイドロポンプ/しんぴのつるぎ/まもる/こごえるかぜ
個体値:13-9-18-26-22-31 努力値:0-0-0-248-10-252
実数値:157-72-104-178-107-176
特攻素早さぶっぱ

このパーティの副ヘッド。
攻撃範囲・火力ともに優秀なのはもちろんのこと、
しんぴのつるぎでバンギラスに致命傷を負わせられるのはかなり魅力的でした。
ヨプ込みでも赤ゲージまで持っていくこの火力はすごいですねぇ・・・。
ハイドロポンプでメタグロスとかも殴れましたしね。

ハイドロポンプとしんぴのつるぎの火力の高さももちろんでしたが、
こごえるかぜが地味に優秀でしたb
相手の素早さを下げつつタスキ潰し・・・程度と考えていましたが、
いのちのたまが絡むとなると、弱点を付けば半分くらいは持っていってくれましたしb
ランドロスにおいては、この技1撃で沈めることができましたしbb

基本・・・というか全試合で、先発としてキュレムと一緒に出ましたが、
なぜかねこだましやでんじはを喰らうのは大抵彼だったので、
図らずもキュレムのみがわりとしても機能してくれました。(((
こいつにも期待してるとはいえ、切り札はキュレムの方だったのだよ・・・!

総評としては、やはりテラキオンとほぼ同じ種族値だけあって使いやすかったです。
普通のルールでは使えないのが残念・・・!
逆に言えば、今回使っておいてよかったってところかな。

しかし、素早さVと特攻がそこそこあったからって、妥協するの早かったかな?
攻撃と特防はともかく、HPと防御が少々心もとない・・・;
だからといって、『もっと厳選すりゃよかった;』とは思いませんでしたけどね。
この個体値でも十分活躍してくれました。えらいえらい。

何のメリットもないかくごのすがたなのは、ただの趣味ですww
こっちのがイケメンじゃんw(((

ニックネームはつけたいけど、配布だしつけられねぇ・・・;
今のところ、ニックネームがついてるケルディオ=改造だからなぁ・・・;
どーにかして、他人のポケモンでもニックネーム変えられるようにしてほしいなぁ;


フェリシア/マニューラ♀@きあいのタスキ ようき
ねこだまし/れいとうパンチ/あられ/ふくろだたき
個体値:31-31-15-21or23-19-31 努力値:6-252-0-0-0-252
実数値:146-172-77-54-99-194
攻撃素早さぶっぱ

あられ要員のフェリシアたん。
キュレムのふぶきがメインダメージソースなので、それの補強をするべく、
ユキノオーが出られないので、『速いあられ使い』ということで採用しました。
フリージオとどっち採用しようか悩みましたが、素早さの差から彼女を採用しました。
フリージオだと、映画の真似もできたんだけどなww

タスキ持ってますし、元々居座るタイプでもないのでまもるは外しました。
技スペースも足りなかったしね。

ねこだましは自分もイライラさせられたように役に立ってくれましたし、
アタッカーとして採用したわけではないのですが、ぶっぱした攻撃からのれいとうパンチは、
ドラゴンやひこうに致命傷を与えてくれましたし、
タスキで耐えて、次砂嵐で倒れると踏んで攻撃してこないのを読んで、
あられが決まった時は爽快でしたbbb
まさかのあられですし、流石に読めなかったのでしょう。
あられマニュとか、今回出れないとはいえユキノオーが存在する中、
まず他にないでしょうしねb

・・・ですが、元々テラキオンを採用することは決まっていたので入れたふくろだたきは、
結局今大会中1度も使いませんでした;
というかそもそも、やはり耐久に不安があるため、選出することもあまりありませんでした;
はがねタイプ高耐久のメタグロス、いかく持ちのランドロスが魅力でしたからねぇ;

あと、ランクルスもよく見かけたため、つじぎりが欲しかったですね。
全国ルールで使うときは、もう少々改良できるかな。

総評としては、使えば活躍してくれるのですが、
やはり耐久のおかげで選出しにくかったです;
もっと上手く使ってやらないとな・・・;

また、NNの『フェリシア』は、ヴァンパイアのフェリシアではなく、
スパイダーマンの方のフェリシアからきてます。黒猫娘ですしb
それはそれで、ヴァンパイアのフェリシアも可愛いよね。全裸!全裸!(((


バッカス/テラキオン@たつじんのおび ようき
インファイト/まもる/いわなだれ/じしん
個体値:7-29-17-12-19-31 努力値:0-252-0-0-6-252
実数値:154-180-103-74-105-176
攻撃素早さぶっぱ

いつもお世話になってるテラキオンさん。
以下3匹は今大会のために用意したポケモンではなく、
他のパーティからの使いま・・・続投です。(((

うーん。
正直、今大会では目立った活躍はしてないかな・・・。
いや、使えなかったわけではないんだ。
ただやっぱり、どうせ使うならふくろだたきマニューラと一緒に出したくなるけど、
そうなるとパーティ内の耐久力が、
メタグロスとランドロス選んだ時と比べてガタ落ちするから、選出しにくかったんだよな;

つーか彼、今大会でインファイト使ったか?使っても1回か2回・・・。
タスキはマニューラに使われてたし、耐久落とすのが怖かったんだよな;

でも、いわなだれとじしんは使えたな。
いわなだれとか、『これでひるみ引けば勝てる!引けなければ負ける!』
って土壇場があって、見事にひるみ引いてくれて、ギリギリ勝てた試合もあったしねbb
あの試合はお手柄だったぜbb

総評としては、ケルディオと同じ耐久力なのに、
どうも紙耐久に見えて少々使いにくかったかな。やはりタスキ安定かなぁ。
BW1時代に捕まえた個体で、耐久力が笑えるほど低いまま妥協してしまってるから、
メタグロスのコメパン耐え調整とかしたいけどできないしなぁ・・・;

ちなみにNNの『バッカス』は、映画での中の人が安元洋貴さんだったので、
中の人つながりでSO4からバッカス D-79より。
ふくろだたきされまくる子なので『どえむ』とか『ぶたやろう』とかつけようとしたのは内緒


ばってん!/メタグロス@ラムのみ いじっぱり
コメットパンチ/バレットパンチ/まもる/しねんのずつき
個体値:31-31-28-24-18-31 努力値:228-252-10-0-0-20
実数値:184-205-150-100-104-93
攻撃ぶっぱ・4振りメタグロス抜き抜き・残り耐久

キュレムの控えとして適任そうだったので、元々の優秀さもあり採用。
人気なポケモンを使うのになぜか抵抗がある自分でも、抵抗がなく使う1匹。
ボルトロスやウルガモス、サザンドラやローブシンにシャンデラとかは、
なぜか使う気にならないんだよな;

耐久に重きを置いた調整が多い中、あえてのHP攻撃準ぶっぱ。
『191メタグロスのコメパン耐え』とかしているポケモンに一泡吹かそうという、
単純な考えです。(((
4振りメタグロス抜き抜きも、『4振りメタグロス抜き』とかしているポケモンに(ry

言わずもがな、その高火力と耐久力で、安定した活躍を見せてくれました。
全試合、先発はキュレムとケルディオで、あとの2匹は試合によって変えていたのですが、
彼とランドロスの組み合わせが一番が耐久面で安定するので、
選出するのが多かったですね。

コメバレも期待通りに役立ってくれましたが、
どちらかというとしねんのずつきの方が役に立ってくれましたね。
ローブシンやケルディオなどの格闘にばつぐん取れますし、
多数の敵に当倍取れるので使いやすかった。
はがねタイプは半減されやすいし、それに地味にしねんのずつきもタイプ一致だしね。

また、たくさんの人が持たせてるだけあって、ラムのみは安定しますね。
ラムのみメタグロスはかなり流行っているのに、
でんじはで狙われることも何故か多かったので、ラム発動の機会は多かったです。

総評としては、やはり最メジャーポケモン。かなり使いやすい。
はがねタイプは1匹入れとくとかなりパーティが安定しますね。
出す場面さえ間違わなければ、とにかく強いポケモンですな・・・。

ニックネームの『ばってん!』は顔のばってんから安直に。
こういう安直な考えでいかないと、中二ックネームになっちゃいますからwww(((


ほうさく/霊獣ランドロス♂@ヤチェのみ ようき
じしん/いわなだれ/まもる/じゅうりょく
個体値:20-22-28-4-27-31 努力値:92-96-0-0-68-252
実数値:170-173-109-100-107-157
素早さぶっぱ・ダブル補正じしんでHP4ドリュウズ確1

かくとう・物理処理班。
前回のビギニングカップからの続投の霊獣ランドロスことほうさくさん。
前回は最速シャンデラ抜き&
特攻154からのめざパ氷(と臆病ボーマンダの珠流星)耐え調整だったのですが、
どうも素早さが安定しないので最速にして、耐久を削った代わりにヤチェを持たせました。

前回の大会ではトルネロスを隣に置いていばキーをやっていたので、
今回もマニューラ辺りにいばるを持たせようかと思ったのですが、
技スペースも足りないし、上記のヤチェを持たせたかったのもあるのでやめました。

ヤチェを持たせたのは正解だったと思います。
最初のうちは、
『ヤチェ持たせても、流行るであろうWキュレムのふぶきで酷いオーバーキルやん;』
と思い、いらないかと思っていましたが、実際はやはりめざパ氷が多用されるため、
ヤチェで1撃耐えて返り討ち・・・ということもよくあり、かなり安定しました。

しかし、無振り・ダブル補正・ヤチェでも、Wキュレムのふぶきで確1って・・・;
やっぱりWキュレム怖いなwww

ふぶきやコメパンなどの命中補正や、
相手の意表をついて、
味方のじしんを当てさせる・封じるというのを狙って入れたじゅうりょくですが、
これも今大会1回も使いませんでした。
『今だ!』というタイミングもありませんでしたし、それに大抵彼が出る頃には、
キュレムとケルディオがあらかた片付けてくれたあとで、
あとはゴリ押しだけで十分だったので、特に使う意味もなかったですね・・・。
わざわざとんぼがえり外してまで入れるようなものではなかったな。
取り立ててとんぼがえりが欲しかった場面もなかったので、
マイナスにもなりませんでしたが;
使うにも、サポートポケモンに使わせた方がいいか。

しかしやはり、素早さが100切ったのは痛いですね;
結構な数のポケモンに抜かれてしまい、
ここぞというときでコロッと倒されることもしばしば・・・。

とはいえ、格闘受けとして大いに活躍もしてくれました。
キュレムはかくとう技をよく被弾しましたので、交代でいかく+半減となり、
ほぼ不発にすることもよくありました。
やはりいかくの特性は強力で使い勝手がいいですねぇ。

総評としては、キュレムやケルディオのように目立った活躍はあまりしてませんが、
縁の下の力持ちといった感じで、地味に活躍してくれました。(←もちろん褒めてます。)
メタグロスと組んで安定した耐久と高火力での攻め、
テラキオンと組んで高火力のじしん・いわなだれでの全体攻撃など、
かなり安定していました。

ただ、やはり素早さがもう少し欲しいところ。次からはスカーフも考えてみようか。
あと特殊型も。ホワイト1でまたもう1体捕まえるか。

ニックネームの『ほうさく(豊作)』は豊穣神ということ&おっさんっぽい名前から。(((
豊穣神ということからジョジョ4部より『ハーヴェスト』とかもいいと思ったけど6文字だし;
『ハーベスト』だと何か違うんだよなぁ・・・;

~~~~~~~~~~~~~~~

対戦成績の方は、概算だけど、23戦18勝5敗といったところか。
数えてなかったから詳しい数字は分からないけど、負けたのは3~5回。
勝率は8割前後といったところ。自分としては上々の結果。

土日でバイトと重なったので、あまり数はこなせなかったか。

レートは1630
前回1500切ってた自分としてはかなりいい結果。
目標としては1700、せめて1650は行きたかったけど、
1600切らなかったので良しとしようか。

後半で勝率下がり始めるまでは1600後半あったんだけどなぁ;


それと今大会はビギニングと違って、マナーが良かったと思う。
回線不良とみられる切断を除けば1回もなかったし。
前回はひどかったからなぁ・・・;切断がなければ、もーちょい良い結果だったろうに・・・;

~~~~~~~~~~~~~~~

今回オールスターカップは伝説解禁の大会だったけど、
思ったより伝説の数は少なかったな。伝説なしパーティもかなり見た。

2010WCSのように、
『伝説ありの大会にあえて伝説なしで挑んで、どこまで行くかチャレンジ』
をもう一度試すのもありだと思ったけど、ここで伝説を使わないと、
伝説使う機会なんて他になくね?と思い、伝説ありで挑むことにしました。

・・・でも、伝説なしのパーティが多いから、
こっちだけ伝説使って勝っても何だか勝った気がしなかったんだよなぁ;
なんだか伝説の超火力に頼ってるだけみたいで・・・;(まぁ実際そうだが)

とはいえ、ルール上許可されていることで、
伝説ありパが伝説なしパに勝っても何の反則でもなく、正式な勝ちなんだし、
何も恥じることはないはず・・・うん。(((

2010WCSのときは、伝説使ってない人は少なかったと思うけど、
今回は結構いたなぁ・・・。
せっかくの伝説あり大会だぜ?みんな伝説使おうぜ?(((


で、今回の大会で使われてた禁止級伝説だけど、自分の当たった中では、

伝説なしパ:伝説ありパ=約5:5

ビクティニ:たまに見かける程度
レシラム:ビクティニと同等か、少し多い程度
ゼクロム:1、2回だけ見た
ノーマルキュレム:1度も見ず
ブラックキュレム:1度も見ず
ホワイトキュレム:禁止級の中では最多
ケルディオ:ホワイトキュレム、ゲノセクトに次いで3番目に多かった
メロエッタ:ビクティニ・レシラム以上、ケルディオ以下
ゲノセクト:案外多かった。ホワイトキュレムの次くらいの多さ

ノーマルキュレム=ブラックキュレム<ゼクロム<ビクティニ≦レシラム
<メロエッタ<ケルディオ<ゲノセクト<ホワイトキュレム

といった感じだった。

ノーマルキュレムとブラックキュレムは予想通りいなかった。
ノーマルはほぼホワイトの劣化だし、ブラックはまともな技がないからなぁ;

レシラムは結構流行ってたようだけど、自分は言うほど遭遇しなかった。
とりあえずレシラムには強い構成だったので、さくっと倒せましたし。

メロエッタは見せ合いの時点では何度か見かけたけど、
結局1度も選出はされなかった。マニューラが怖かったのかな?

そして案外流行ってたのがゲノセクト。
ステータスが微妙すぎるし、ほとんど使う人はいないだろうと思ってたけど、
結構な数に遭遇した。
ホワイトキュレムの技を受けられる優秀なタイプだし、
技が豊富で読みにくく、地味に嫌な相手だったなぁ・・・;
ダウンロードで攻撃挙げられて、ノーマルジュエル大爆発を喰らったときは焦ったよ;

ホワイトキュレムはやはりかなりの数に遭遇したけど、スカーフ持ちは少なく、
ホワイトキュレム同士がかち合っても、勝つことが多かったです。
負けたとしても、ケルディオにテラキオンにメタグロスと、
キュレムに対抗できるのが揃ってましたしね。

スカーフWキュレム流行ると思ってたけど、
どうやらこの境地にたどり着いたのは僕だけみたいだね。(((
今回の大会の総評。

前回のビギニングカップで得られたものをかなり活かせた、充実した大会だった。
やはり素早さは重要だな。
気付けばこの6匹、全員素早さVで、メタグロス以外は最速だしw

弱点のかぶりも少なく出来たと思う。・・・と言っても、
まだ少々みずとかかくとうとかに弱いかな?
かくとうはランドロスがいれば何とかなったし、
みずは絶対数が少なかったから良かったけども。
ケルディオがちょっと怖かったけど、あまり苦戦した記憶もないし。

ボルトロスが厄介だったかな。
こいつは伝説禁止ルールでも出てくるし、ちゃんと対策しとかんとな・・・;

それと今回の大会は伝説解禁ルール。あくまで特別なルールであって、
今回活躍したキュレムやケルディオは普段は使用禁止だし、
そこはおさえておかないとな。
伝説禁止の前回はボロボロだったわけだし・・・;

~~~~~~~~~~~~~~~
以上!約1年半ぶりの更新でした!!
・・・やっぱりしばらくは、Twitterで済んじゃうので更新はしないかなぁ;
でもこういった、まとまった長文のが適してる場合は、
できるだけこっちを更新しようと思います。


BGM:戦闘!チャンピオンアイリス(ゲームフリーク)

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 春紫苑。, all rights reserved.
Calendar
10 | 2018/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。