FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

とりあえず闘病記録1クール目+α

2014/03/12(Wed) 00:00
ふつうの。

生きることが、なんといっても人生の最高目標である。
グリルパルツァー

毎度の如く、ブログの方ではお久しぶりです。しおんかつみです。

今回もまた長文となりますので、twitterよりこちらの方が良いかなと思い、
ブログの方を更新させていただいた次第です。

何のひねりもないあらすじと、素人のしょぼい哲学者気取りの乱文ですが、
よろしければ、お付き合いくださいませ。
twitterの方では既にご存知だと思われますが、
私しおんかつみ、現在入院しております。
そのため、この記事も病室にて書いております。

そして今回ブログを更新した理由は、
その治療の闘病記録・・・なんて言ったら大げさなんですけど、
とりあえず記録しておこうかなと思いまして。

少しとは言え、多少生々しい表現がありますので、要注意です。

~~~~~~~~~~~~~~~

事の発端は1/20(月)、いつものように仕事に出かけるため、
朝6時に起床、朝食を摂っていたのですが、どうも体がだるい。
熱を測ってみれば37.8度。これは風邪だなと思いましたが、
2/16(日)にいつものダチどもとの大阪遠征を予定しており、
そのために仕事を休むため、そうそう休んでもいられないと思い、
多少辛かったですが、そのままいつものように出勤しました。

やはり風邪か、体はだるいですが、働けない程ではなかったので、
とりあえず仕事を続行。
しかし体がだるいだけでなく、血のついた鼻くそ、唇からの出血、歯からの出血と、
少量といえど、なんかやたらと出血が目立ちました。
(ところで、鼻くそって正式名称なんだね・・・変なのw)

そして昼休憩、トイレに行くと我が目を疑う血尿がががが

・・・血尿なんて、22年生きていて一度もなかったので、流石に言葉を失いました。
こりゃただの風邪じゃない・・・と思い、終業後かかりつけの病院へ直行。
まず尿検査をしたのですが、先ほどは『血混じり』程度でしたが、
今度は尿じゃなくて血が出ているような凄惨な光景でした。
すると、いつも陽気な先生が神妙な面持ちで、『今日入院していけ。』と。

そして家に帰ることもなく、とりあえず1日入院することに。
幸い家は近く、弟も母親もいましたので、寝間着や道具には不自由しませんでした。
部屋もとりあえず空いてる部屋を借りれ、なんとテレビ・冷蔵庫(無料)付きの個室
一人でいる分には広く、悪くない部屋でした。

簡単な検査をし、その時は『膀胱炎』と診断されました。
血尿が止まらないため、止血剤を点滴し、
翌日に血が止まっていれば退院と言われました。
が、翌日になっても血は止まるどころか、どんどん酷くなるばかり。
この時は尿ではなく、ほぼ完璧に血が出ていましたね・・・;
あんな赤黒い血、今まで生で見たことないわ・・・;

でもまぁ、『すぐに治るだろ』と楽観視していると、
病院側から『大きい病院に移れ』との宣告が。

あれよあれよで大きい病院に移り、
救急救命にぶち込まれ、病人みたいな(←病人です)服を着せられ、
点滴針をぶっ刺され、万が一を期し車いすで病室へ。

そして大きな病院に移り2日ほど経ち、正式な病名が判明。
『急性前骨髄球性白血病』とのこと。
・・・そりゃあまぁ、白血病なんて聞いたら、最初は驚きましたよ。
しかし20年ほど前ならともかく、
現代の医学では簡単に治る白血病と言われ一安心。
(どうやらこの病気に対する特効薬ができた20年前以前は、
 白血病の中でも最悪の、死を待つだけの病気だったらしい。怖い怖い;
 それが現在ではその薬の登場により、
 白血病の中でも一番マシな病気になったとか。)

手術が必要なければ移植も要らず、完治した後は後遺症もない上、
子どもへの遺伝もないらしい。
医療費も保険が効くので大した額にはならず、意外と心配することは少ない。
強いて言えば、趣味の一つだった献血がもうできなくなることくらいかな!!!!!111

22年弱で11回も献血したのは、自分の数少ない自慢できることの一つでした。
なのにその趣味が奪われてしまうとは・・・結構でかいダメージでしたorz
・・・まぁ、11回も献血すれば、
少ない人の一生分以上献血したと思っておこう・・・。

そして本格的な治療がスタート。
抗がん剤という物々しい薬の点滴も始まりました。
・・・とはいえ、取り立てて辛いわけでもなく、多少のだるさくらいで、
普通に歩ければゲームもでき、メシも普通に食えていました。

IMG_20140123_080452.jpg
大好物のメロンが朝飯に出てテンションの上がる俺。(((

しかし、抗がん剤は打ってすぐではなく、少し後から体に影響を与えるらしく、
やはり動く気力のなくなる日も少しだけとはいえ、ありましたね。

この白血病は『白血球が幼いまま成熟しなくなり、
正常な白血球が生み出されなくなる』
という病気なので、
一度薬で異常な白血球を殺し、正常な白血球の生成を促します。

白血球を殺すというわけで、一時的に抵抗力が低下します。
なので入院しばらくすると、無菌室―クリーンルームへと移りました。

しかし無菌室というと、もっと物々しい部屋を想像していましたが、
ぱっと見は普通の個室と変わらず、
持ち込むものもそこまで制限されませんでした。
自分はてっきり、ガラス越しの面会になるほどガッチリした部屋なのかとw

IMG_20140208_221330.jpg
夜消灯し、殺菌灯を点けると無駄にムーディな無菌室。

・・・とはいえ、やはり無菌室なので、ある程度の制約はありました。
家族以外は面会は15分以内、ペットボトルは開封後24時間以内に飲み切る、
コップは紙コップを、箸は割り箸を使用し、必ず使い捨てること等・・・
やはり、普通病室にいた時より不便さは感じましたね。
そして何より、個室に一人なのでやはり少し寂しい。
無菌室で迎えた初めての朝は、何故か凄い寂しさに襲われましたね・・・;

しかし逆に個室なので、テレビにイヤホンを付けなくても良い、
電気の消灯時間は決められていない、多少の物音は大丈夫等、
利点もありましたけどねw

そして無菌室に入り1週間ほどが経つと、
比較的良かった体調が悪くなりはじめ、
今回最大の敵、舌の巨大口内炎×2ができ始める・・・!!

その口内炎のお陰で、この頃から食べると舌が痛くて痛くて、
痛み止めを服用し始めました。
しかし、最初のうちは痛み止めでなんとか食べれていましたが、
口内炎が大きくなってくると、痛み止めを飲んでも痛くて、
しばらくほとんど何も食べれずにいました。

その間は点滴や、何とか飲めたウィダーin等のゼリーを飲み、
何とか栄養状態は保っていましたが、食べる量が激減したことには違いないので、
10日ほどで7kgも痩せてしまいました。
入院前に62~3kgあった体重が、最低56kgまで減ってしまいました。
そのおかげで、自分ではあまり分かりませんでしたが、
いつものダチや一時退院中に会った知り合いみんなに『痩せたな』と言われました。

しばらくして、ある程度の回復が見られたので、無菌室を脱出。
無菌室には約半月いたことになります。
・・・その半月は無菌室からは出れず、当然外なんぞには出れませんでした。
『囚われのお姫様』の気分を、身に染みて理解しましたよ・・・w(苦笑)

そして普通病室に戻ったわけですが、例の口内炎はまだ治らず。
ロクに食事のできない日々は続きました。
痛みのピーク時には、痛みと食べれないストレスのあまり、
キレかかったこともありましたね・・・;

そんな中、病院の中庭と言えど、実に1ヶ月ぶりに外に出ることがありました。
その時に浴びた陽光と風の心地よさときたらもう・・・!!
1ヶ月もそれらを浴びない日など今までの人生でなかったので、
久しぶりの暖かい陽の光と適度に涼しい風があまりに心地よく、
少し泣きましたね・・・w
なんというか、アレこそが『生きてるという実感』なんだと思いましたよ・・・!

IMG_20140220_130850.jpg
そしてその次の日からというもの、舌の痛みが軽減し始め、
痛いながらも、何とか出されたメシを完食できるようになりました。
病気で涙もろくなってるのもあるのか、
メシを完食できたくらいでまた泣いてしまう22歳男
・・・でも本当に嬉しかったんだよ!半月ぶりにまともにメシが食べれて!
↑何の変哲もない、ただの食べガラを撮っちまうくらいには!!!111(((

で、何の因果か、久しぶりにメシを完食できたその日が誕生日である2月20日。
ここまで頑張った誕生日は人生中に無く、
ここまで感動した誕生日も人生中に無いでしょう。
いやぁ、ホントよくやったよ俺・・・w

IMG_20140221_072357.jpg
看護師さん(若い女性←重要)からもらった誕生日のお祝い。
裏にはメッセージ付き。うおっほい!
まさか若い女の人からお祝いされるとは思ってもみなかったぜ!

その後外泊が許可されるようになり、一時退院の予行も兼ねて一時帰宅。
実に1ヶ月強ぶりの帰宅だったわけですが、
意外と家は『久しぶり』という感覚はなかった。
しかし妙な違和感はあったし、
今思えば『久しぶりすぎて自分の家という感覚も消えてた』のかも。
病院と比べればそりゃ汚いから、『俺はここにいても大丈夫なのか?』とも思ってたしね;

外泊中には、しばらく食べてなかったマクドや、
無菌室にいた間禁止されていた生ものであるツナおにぎり、
近くのスーパーにおいてあるカルビ牛丼など、
食いたいものを片っ端から食・・・いたかったのですが、
やはり口内炎はマシになってきたとはいえ、まだ完治はせず痛く、
さらにしばらくあまり食べていなかったので胃が縮んでいたのか、
全部は食べられませんでしたね・・・;
・・・いやまぁ、健常時でも食いきれないほど買ってしまったんだけどさwww

また、外泊中には誕生日祝いのケーキも食べましたよっと。
しかしまだ口内炎のおかげで、ロクに味わえなかった・・・orz
あの店のケーキ、美味いのに残念だ・・・;

そして外泊を終え病院に戻り、再び1週間入院。
もうひと通りメシ食えるほどに回復していたので点滴もせず、
一応様子見のための入院といった感じでしたね。
当時は気分も悪くありませんでしたし。

退院するちょっと前、少し早い快気(一時退院だけどw)祝いとして、
いつものダチどもがラーメンを食いに連れて行ってくれました。
この日までに口内炎は治るのかと不安でしたが、ほぼ治ってくれて良かった。
まぁ、傷跡として舌に穴のようなくぼみが出来てて、
非常に気持ち悪かったけどね!!!
・・・真剣にもう二度と出来てほしくないな・・・;

IMG_20140302_183148.jpg
そしてダチどもから大量の誕生日プレゼントをもらう。
自分たちで稼げるようになった2年ほど前からは、
いつもこんな感じで大量にプレゼント送り合ってますw
何がもらえるのか、毎年楽しみですww

IMG_20140302_185123.jpg
金剛のプラモもらったんだから、後から自分で同スケールの吹雪を買ってみる。
(メーカーが違うのは気にしない気にしない。)
艦これで自分が二番・一番に好きな艦娘のオリジナルだけど、
実際史実では一緒に出撃したことはなかったんだっけか?

【ただの写真ですが、一応下ネタ注意!】
・・・そして、こちらも毎年恒例となっていますw(((
基本的にプレゼントの構成は
『高価なメイン1つ・安価なサブ複数・ネタ(健全)・ネタ(上記画像)』となっており、
毎年こんなのを贈り合う習慣ができてしまってますwwww
・・・ちなみに、この前彼女ができやがったダチ
(自分と誕生日が一日違いなので、同日にプレゼントを渡された)には、
上記画像のようなものではなく、もっと実用性のあるものが贈られていましたwww


そして2月28日、一時退院。
この病気は4回に分けて治療するので、その間はしばし休憩ということで、
1週間ちょい、退院して自由になります。
今回の自分の場合、風邪等の感染に注意と言われたくらいで、
取り立てて制約はなかったので、久々の自由、色々と遊んできましたww
とはいえ、仕事をしばらく休むので収入がなくなり、
再び親から小遣いをもらうことになったのですが、
やはり仕事していた頃の小遣いと比べると少ないので、
あまり散財はできないんですけどね;

そうそう。仕事といえば、
とりあえずこの病気は寛解―完全退院まで約半年かかるので、
しばらく仕事は休むことに・・・書類上では言っちゃえば『辞職』ということで、
厳密に言えば今現在、自分は『無職』になります。

が、ウチの店長が気を利かせてくれて、退院したらまた雇ってくれるとのこと。
なので事実上は『休職』で、クビにはならずに済みました。

とりあえず退院してすぐ正社員に戻るのは辛いだろうから、パートとして慣らし、
そしてまた正社員に戻ればいい・・・と言ってくれました。
いや本当、店長には色々とお世話になってばっかりだなぁ・・・。
うちの店、小さな喫茶店(自分はウエイターとして働いていた)なんだけど、
一時退院中、挨拶に行くついでに昼飯食べに行ったら、
『お代はいらん』とタダにしてくれた上、お見舞いまでもらった挙句、
ソフトクリームまでおごってもらったし・・・。
自分、周りの人にはスゲー恵まれてると思う。
感謝の心ってのは忘れちゃいけんな・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~

というわけで、闘病生活1クール目をざざっとまとめてみました。
・・・まぁ辛いときもあったけど、別に一人で動けないわけではないし、
『闘病』ってーと大げさな気もするなぁ・・・w
一応『重病』の範疇の病気だけど、治るんだしそこまで『重病』って気もしないし。

まぁなんつーか、絶好調とはいきませんが、とりあえずは元気です。
ネット上では健常時とあまり変わらないでしょうし、
いつも通りの扱いをしていただければと思いますm(_ _)m


さて、続きは今現在―2クール目の冒頭について少し哲学的な。
・・・内容上、生々しい表現や性的な表現があるため、
本文以上に要注意です。


BGM:みんなのピース(アフロマニア)

(.. Read more)

スポンサーサイト

Comments(0)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2014 春紫苑。, all rights reserved.
Calendar
02 | 2014/03 | 04

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。